中国語、北方・南方・西方の発音の言い分

■北京の人
「南方の発音は、下品だ」
■上海の人
「北京の発音は、変だ」
という発言は、よく聞くのですが、


先日、ウルムチの人(西方の人)が言っていたことに、
笑ってしまいました。
「北方の人の発音って、いかにも北方でしょ?
 上海人は上海なまりがあるし。
 だから、中国語を勉強するときは、
 西のほうの人がいいのよ(笑)」
こんなの聞くと、
他の土地の人にも、
聞いてみたくなりますよね。
「中国語を勉強するときには、
 結局どこの人から教わるのがいい?」
って(笑)。
これって、結構おもしろいんです。
中国語を学ぶ日本人も、分かれます。
■検定目的の人
「北京語の発音じゃなきゃ!」
■仕事しながらサバイバルで覚えた人
「通じればOK」
私は後者なのですが、
みなさん、言い分があるんですよね。
だから、最近は、
こんなふうに考えるようにしました。
 どっちが正しいか、で考えるとケンカになる。
 どっちが楽しいか、で考えなさい。
斉藤一人さんの考え方↑
だから、私は、これのスタンスで。
「通じれば楽しいからいーや」

“中国語、北方・南方・西方の発音の言い分” への1件のフィードバック

  1. ピーチクパーチク より:

    漢人の新しく入植した地域は普通話が根付いている、と言いたいのでしょうね。

ピーチクパーチク にコメントする

サブコンテンツ

このページの先頭へ