「湯たんぽ」は中国語の発音と同じ

◆ゆたんぽ
◆なんにょ(男女)
この二つの単語の共通点は、
なんでしょう?


実家に彼女(中国人)を連れて行ったときなのですが、
寝室があまりに寒くて、
「湯たんぽ、欲しいなー」
なんて話をしていたんです。
そのときに、ふと、
「湯たんぽ」って、漢字でどう書くんだ?
と思いまして、辞書で調べてみました。
すると、こんな字なんですね。
 湯湯婆
なんと、「たんぽ」の部分は「湯婆」と書き、
tāng pó で、現代中国語の発音と同じ!!
自分のなかで
すごい発見でしたので
メモ代わりに書いておきます(笑)。
ちょっと調べてみましたが、
こういうのを「唐音」と呼び、
他には「行灯(あんどん)」などがあるようです。
(あんどんは、「灯」だけ中国語と一緒ですね???)
ちなみに、日本の漢字の読み方には、
4種類あるらしいです。
呉音(奈良時代以前に伝来。中国の南方方言)
漢音(奈良から平安初期に伝来。洛陽や西安の方言)
唐音(平安中期から江戸時代に伝来。唐宋音とも呼ぶ)
宋音(宋から元初期に伝来。唐音に含まれる)
現在の日本でメインになっているのは、漢音。
だから、漢音は昔は「正音」と呼ばれていたとか。
現代中国語と(ほぼ)同じ発音という意味では、
「男女(なんにょ)」があります。
こちらは、呉音の代表です。
昔の日本人にも、中国語の「女」の発音は
難しかったんでしょうね(笑)。
中国語の勉強の足しにどうぞ!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ