単語は、日常語から覚えるべし

最近、新しい英語教材を買ったんです。
そこにオマケでついていたのが、
関西の名門校、灘高校・中学の英語の先生が
勉強のコツを話した音声。
これが、面白かったんですよ~。
その先生が言うには、
英語学習のモチベーションを維持するコツは、


小さな成功体験の積み重ねである、と。
だから、その先生は、
中一の英語の学び始めから、
身の回りの物の英単語を覚えさせんだそうで。
ABCを覚えるのと並行して、
「冷蔵庫」という英単語も覚えさせる。
(綴りはまだ無理なので音だけ)
すると、家に帰ったときに、
「お母さん、冷蔵庫ってrefrigeratorって言うねんで」
と自慢できる、と。
そんなことも小さな成功体験。
そういう小さな楽しみが大切で、
コツコツやる原動力になる、ということらしいです。
たしかに、そうですよね~。
そういえば、私、
中国語なら、布団も、耳かきも、単三電池も、わかるのに、
英語だと、言えないです。
(↑元英語教師なのに、英会話に苦手意識アリ。汗)
この先生の言葉、
逆のほうから考えると、
日常生活で出てくる単語を覚えていないと、
「やっぱり話せない・・・」という挫折経験が多くなる、
とも言えますよね。
単語は、日常語から覚えるべし。
深い言葉です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ