ネイティブ教師と学ぶときの注意

英語圏の生まれのネイティブ教師。日本の大学院卒で、日本語はペラペラ。日本人の我々に対して、日本語で、英語について完全に説明してしまう。英検1級レベルの細かい文法や難しい読解問題も日本語で解説。
しかも、その教材も市販のものではなく、自作。
そんな教師に会ってみたい!!
 …まず、いないよ。


私もたくさんの英語教師に会ってきました。
ジ@ス、NOV@、大学、そして、自分が働いていた高校。
私が会ってきたネイティブ教師のなかでは、
過去形と完了形の違いすら説明できず、「無い」と言い切った方も、
いらっしゃいました。
授業の準備なんて、コピーをするくらい。
自分の国の言葉に、どうして準備が必要なの?という態度。
「教師が外国人だから良い」というのは、まったくの間違い。
ちゃんと授業研究してる人と、してない人の差があるのは、
日本人教師と同じ。いや、それ以上かもしれません。
でも、生徒をやっているときは、わからないですよね。
ネイティブ教師もよくそれを知っていて、ごまかし方を良く知っている。
困ったら英語でまくしたてればいいですからね。
でもでもでも!!!
中国なんて、もっとすごい。
日本語学校が、大々的に宣伝します。
「当校は、外国人教師(中国語では、『外籍教師』)が、なんと8割を占めます!!」
おおーすごい!と生徒が集まります。
でも、なぜか、その先生方、日本語がヘタ。
生徒には、微妙にわからないレベルですけどね。
反対に、中国語はめちゃくちゃ上手。
中国語のネイティブ???
ウソをついてるわけではありません。正真正銘の日本人です。
だって、日本籍を持っているんですから(笑)。
結婚する前は中国人だったなんて、プライベートに関することですもん、
生徒に公開する必要はないですよね!
ウソはついてませんよね。あとは良心の問題‥‥。
というのは、笑い場話ですが、
ネイティブ講師は、実力差が激しいのが現実。
『外国人に対しての教え方』
これをちゃんと習得しているネイティブ講師以外は、
使い方を考える必要があります。
決して、文法の説明などを期待してはいけません。
●会話練習の相手
●外国語のシャワーを浴びるための源
●「この言い方が通じるか、通じないか」の判断基準
くらいに考えたほうがいいですよ。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ